テーマ:踊り子

東北本線 南浦和-蕨間にて練習続行

流石に15連は長い テレコン連結のためワイド端まで引かないと収まらない ところが185系「踊り子」15連だと収まらない そう、特急形車輌は連結器間のセンター寸法が一般形車輌の20,000mmに対して20,500mmと0.5mも長い 15連ともなるとその差は7.5mにも及ぶ 忘れてたよ ちょっと前ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱海駅なう<3026Mと4026M併結ちう>

<3月8日> 熱海駅2番線に降り立つと、ちょうど向かいの4番線に上り「踊り子」の修善寺編成(3026M)が停車中で、下田編成(4026M)との併結作業が行われるところだったので、レンズを28-80に付け替えると同時に下田編成が動いて作業が始まった。 手旗信号による誘導で併結開始 ヲさ~んらに見守られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線 根府川-早川間にて9079M捕捉

<3月8日> 9079M 臨時特急「マリンエクスプレス踊り子」79号 E259系Ne011編成 ご存知の通り成田空港へのアクセス特急「成田エクスプレス」の二代目車輌。 料金と時間ではライバルの京成「スカイライナー」に水を開けられ、羽田空港の国際線発着枠拡大もあってか凋落の一途。伊豆半島への観光需要への転…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線 根府川-早川間にて3005M捕捉

<3月8日> 3005M 東京駅を1100に発った「スーパービュー踊り子」5号 251系のRE-2編成 このラッピングは「水仙」だね? 先週末のRE-4編成「桜①」や先ほども捕捉したRE-3編成「桜②」を含めると、残すはRE-1編成の「梅」のみ。 首尾よく捕捉は叶うのか?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線 根府川-早川間にて9029M捕捉

<3月8日> 9029M 臨時の「踊り子」109号がやってきた。 先週末の根府川駅で八トタM51編成の横を駆け抜けていった列車(8029M)で、しかも貴重な「185エクスプレス」のOM09編成だった。 復路の「踊り子」110号(8030M)を伊東線の伊豆多賀駅で捕捉しそこなったので、今日の運転には密かに期待を寄せていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊東線から撤収

<3月5日> 伊豆多賀駅に戻る。上りホームのベンチに座ると、どっと疲労を感じた。ホント体力落ちたなぁ。 向かいの下りホームに鉄の若い衆が小走りに熱海方へ移動する姿に思わず、何か来るんですか?と尋ねると、もうすぐ通過する「踊り子」が「185エクスプレス」だという。あっ、先ほど根府川を下って行ったヤツだ。 気がつけばたった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東海道本線大船駅にて試9551M撃沈 代わりに回9005M?捕捉

<9月9日> 大船駅に入場。 短い3連なので、スカ線上りホームに構えてみるか。 東海道線の乱れに対し、横須賀線は定時運行のようだ。 下りのE231系が場内に進行。 ボケっとしていて、ノーマーク。 流石に15連は長いな。 時刻過ぎてるけど、やって来ないな。 携帯を取り出し、保存してあるスクリーンショットを見て唖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊豆箱根鉄道駿豆線を乗り鉄

<1月12日> 今回は「富士山満喫きっぷ」なる企画乗車券を使ってみた。 鉄道、バス、ロープウェイに船(!) 空飛ぶ乗り物以外、大集合。 有効期間の一日で、フリー区間完乗は出来ないだろう。 単純に静岡-三島往復と、三島-修善寺往復だけだと足が出るが、途中乗り降り自由なら、場所を検討しながら撮影するにはもってこいだし、IC…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人生初185系踊り子に乗車

<1月12日> 三島駅1番線。 ここに、東京から特急「踊り子」105号修善寺行きが到着する。 熱海からJR東海のウテシにより丹那トンネルを抜け、ここ三島から伊豆箱根鉄道駿豆線に乗り入れ、伊豆半島のほぼ真ん中、修善寺(現:静岡県伊豆市)まで脚を伸ばす。 東海道本線から伊豆箱根鉄道駿豆線へは、東海道線ホーム中ほどに設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京駅9,10番線ホームにて

<1月9日> E7(W7)系あさま? あと2ヶ月もすれば金沢行だけど、どこか遠い余所の出来事にしか感じられない。 1200発の「踊り子」115号伊豆急下田・修善寺行。 共に終点はJRではない。 修善寺編成はC4ヘセ。 最近増殖している、復活「踊り子」ストライプ。 これを「国鉄色」と称すのは抵…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more