テーマ:爽亭

熱海駅『爽亭』にて早夕食

<5月29日> 図らずも熱海駅で20分近い間合いが出来てしまったので、1番線伊東線ホームへ転線、本日三度目となる食事を「爽亭」で取ることに。カウンターは伊豆半島のどこかの温泉旅行帰りと思しき爺婆×4でほぼ満席。朝から冷たい蕎麦ばかり食べていたのと、大宮から2時間半、冷房の効いた車内にいたのと、この先まだ1時間以上電車に乗らねば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『全国駅そば名店100選』を食す 番外編 その4

<3月8日> さて、遅くなったがお昼ご飯。 またもや、伊東線ホームの「爽亭」へ。 今日は、手許に使用済み食券が2枚あるので、今日の発注によって「生玉子」サービスの特典が受けられるのだ。朝起きてから何も食べていないいないので、「大盛り」券110円と「豚肉そば」450円と一緒に、前回までの使用済み食券2枚をうら若いお姉さんに渡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『全国駅そば名店100選』を食す 番外編 その3

<3月5日> お昼ごはんは、熱海駅1番線ホームの駅そばスタンド「爽亭」で、「豚肉そば」 前回、「豚肉玉そば」を承ってくれたのと同じ(と思しき)おねいさんが供してくれたのだが・・・ 豚肉の量が少なくないかい? まっ、いっか。 美味しいから♪ 満腹になったところで外へ 鉄道旅行の良い思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『全国駅そば名店100選』を食す 番外編 その2

<12月15日> 後続の普通列車で追っかけようかとも思ったのだが、寒いしお腹も空いてきたので同じホームの「爽亭」で駅そば。 中を窺うと、静鉄甲種を捕捉し終えた鉄なのか、はたまた一般客なのか不明だがL字形カウンターはほぼ爺や年配のヲさ~んで満員。取りあえず表の券売機で、前回のお気に入りである「豚肉そば」を発注。ちょうど、1人食…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小腹が空いた・・・

<9月9日> 熱海での乗継の間合が発生。 ちゃんと朝ごはん食べてから出かけてきたけど、小腹が空くのだ。 伊東線ホームの駅そば「爽亭」へ。 おねいさんが拵えてくれる温かい蕎麦に授かろうではないか。 先客は爺さま1人。 たまには違ったものを、と【豚肉そば】450円なりを、 「お蕎麦でお願いしまーす!」と元気一杯差し出せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『全国駅そば名店100選』を食す 番外編 その1

<5月30日> 昨年末の「富士」捕捉の帰りに立ち寄った、伊東線ホームの駅そば「爽亭」へ。 このところの趣旨からすれば、同じ熱海駅でも『全国駅そば名店100選』に従えば、東海道線上りホームの「熱海そば」とすべきところを、敢えて「爽亭」へ。 「富士」帰りのスレでも記したと思うが、お蕎麦を拵えてくれるのが綺麗なお姉さんなのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お腹が空いたな

<2月4日> 荷物をまとめ、駅に戻る。 昨日は急いだあまり踏み台の固定が甘くて、その後の移動で難儀した。 よって、しっかりと固定。 既にケトセは快速運転の時間帯なので、選択肢はヤテセ(山手線のこと)のみ。 今日のミッションはまだ終ってないけど、用務明けの休暇なのでモードはダレダレ。 静岡が恋しくなるのか、外回り電車に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静岡へ帰還

<12月19日> 駅舎に入り、次の下りを見ると、1600熱海行きとある。 ホームからは近接放送が聞こえており、次は20分ほどの待合を強いられるなら、と跨線橋の階段を駆け下り、グリーン車から離れた場所まで東京方へ歩いていると、843Mが入線。 E233系3000番台の第一編成だ。 終点熱海には1615着。 伊東へ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more