テーマ:南三陸町

復興とは

<1月19日> 今回のミッションは無事に完遂、今日静岡へと戻る。 この五日間で一番の好天だ。 宿を発つ前に、投宿先による、震災を風化させない取組として行われている、語り部バスという小ツアーに参加した。 去年は40℃超の熱を出して一足先に帰ってしまい、エントリーすら出来なかったのでリベンジである。 満員のバスは始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害ボランティアに貢献できず

<1月19日> 夕べ、宿に戻って直ぐさま風呂に直行。 サウナにも入りこれでもかと体温を回復させ、更には体の中からも、ということで夕食時に燗酒をこれでもかと呑んだにも関わらず、寒気が止まらず先に休む。 が、一気に体が熱くなって、これでは仕方がないと測ってみれば40℃近い。 あかん、撃沈や。 でも、インフルエンザは昨年末予防接種を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害ボランティアに微力ながら貢献

<1月18日> 今朝、寒くて目が醒めた。 いくら完全空調のホテルとはいえ、掛け布団一枚では寒かった。 カーテンを開け眼前に拡がる海を見ると、海面から霧が立ち上っている。 海霧か? 海水よりも大気温の方が低いという確たる証拠。 体を暖めに風呂へ。 折角だからと露天風呂へ出てみると、瞬間冷却。 とても寒いったら無い。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南三陸町(旧志津川町)とJR志津川駅

<1月17日> 地元の経済活性化の一助になればと、昼食は町の中心地だったろう場所に造られた復興市場へ向かった。 流失した志津川(しづがわ)駅近くに、南三陸さんさん商店街があり、そこにある定食屋さんで昼食。 余程のことがなければ雪など積もらない温暖な気候に住まう静岡人にとって、この寒さは如何ともし難く、何でもとにかく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出張鉄(18) みちのく一人旅 往路篇 送迎バスで志津川へ

<1月16日> 仙台駅東口から目的地へは送迎シャトルバスが運行されているというのでこれから乗車。 当初聞いた話では、10人乗りのハイエースに乗って2時間半の道のりということだったので、それなら酔っぱらって寝てしまえばいいや、という簡単に考えていたのだが、其処に待っていたのは大型観光バス。 しかも2台。 荷物をトラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more